緑茶

やぶきた【逸 いつ】
100g入

2022年 販売開始いたしました♪

こんなお茶だよ



煎茶としての品質が極めて高いとされている品種…それが 『やぶきた』
この 『やぶきた』は、私達 日本人に好まれる香りを持っていたり、お茶の色も きれいな緑だったり、甘みと渋みのバランスも最高なので、程よいコクを楽しめたり…。
いう事なしの品種です。

この品種を使って仕上げたのが この 『逸』
お茶の摘採が始まって すぐの頃。
やさしく かわいい 伸びたての新芽を摘み取るので、味も とっても 優しくて まろやか。

 


 当農園は 深蒸し製法ではないので、一煎目のお茶の色は
 黄色っぽい黄檗色(きはだいろ)。
 ほどよい渋みと甘みが 口の中に じゅわ〜っと広がります 


         
 
 
 ニ煎目は少し高い温度で…
 黄檗色(きはだいろ)だった お茶の色は、鮮やかな萌黄(もえぎ)に。






 高温でいれる三煎目は さらに鮮やかな お茶の色。
 甘みやコクは少なくなりますが
 サッパリ飲めるので、ごくごく いけちゃいます。


お世話になった方への お礼に。
大好きな あの方に。
ご家庭で、ちょっと贅沢な気分を味わいたい時に。

どんなシーンにもマッチする やぶきた 逸
一杯の中に凝縮されるコクと旨み。
一口飲んだ後のあの口の中に残るほんのりとした甘さ。
飲んで頂いた方にしかわからない、あの幸せなひと時を、お楽しみください。
真空パックになっておりますので安心してお使いください。



おいしくいれるポイント


♪ 湯のみを温めておきましょう。
沸騰させた お湯を湯のみに注いでおきます。
このお湯を 後で使いますから捨てないでくださいね。

♪ 必要な お茶の葉は、一人2〜3gです。
人数分の葉を急須に入れましょう。
お茶の種類にも よりますが、調理用の小さじ一杯で 大体2〜4gです。

♪ 急須に入れるお湯はぬるめの60度くらいです。
湯沸かしポットのお湯 → 急須へ → 急須のお湯を湯飲みへ と、お湯を移す度に
お湯の温度は 約10度 下がると言われています。

湯沸かしのポット 90℃ → 急須へ移すと 80℃ → それを湯飲みへ 70℃
といった感じです。

その 60〜70℃くらいになったお湯を、急須に注ぎます。

♪ あせらない あせらない… ^^;
お茶が浸出(成分が溶け出す)するまで約1〜2分
おしゃべりしながら この時間を楽しみましょう。

♪ 注ぎ入れます。
それぞれの湯のみに、水の色・濃さ・量 が同じ様になるよう 順番に入れて行きます。
急須の最後の一滴まで注いでくださいね。
一煎目、 二煎目、三煎目と、だんだん お湯の温度を上げて お湯の量を増やし、蒸らす時間を短くしていきますと、

香り・甘味・渋みなど 味の変化が最後まで楽しめます。
お茶は、色や味も楽しみですが 入れるまでの過程を楽しむ…
という言い方もされています。

お茶をいれながら、お友達との会話を 楽しんでみては いかがでしょう。

販売価格 1,080円(内税)
型番 001

あなたにおすすめの商品

お茶 緑茶の静岡 西村農園  お茶 緑茶の静岡 西村農園

緑茶 煎茶 静岡茶 西村農園ブログ

西村農園の緑茶一覧

カテゴリーから探す

おたより
お客様の声
ふじのくに山のお茶100選
西村農園って
直売所観光
ギャラリー

コンテンツ

モバイルショップ

ショップについて

にしむら

こんにちは 西村農園です。
私達がこだわっているのは
小さな「ありがとう」 の積み重ね。
選んでくださって「ありがとう」
注文してくださって「ありがとう」
飲んでくださって「ありがとう」
そんな 『ありがとう』の心を大切に
私達が作った 静岡のお茶を
皆様にお届けいたします。